月別アーカイブ: 2014年10月

芸術新潮2014/8号の「女と男のヌード特集」を見て諏訪敦さんの絵を見てきた@九段下 成山画廊

[`evernote` not found]

IIJmioミーティングが終わった後に会場から散歩して行ける距離だったので、諏訪敦さんの絵が展示されているという成山画廊へ思い切って行ってきた。

ちなみに営業時間:木 金 土曜日 13時から19時まで
日曜日はやっていないので、何とか先週(10/25)行っておいて良かった。

九段下駅の出入口を出て坂を登り切った、九段坂上交差点にある。なんだかアンティークな雰囲気のビルの一室。

普段絵とは全く接点の無い生活なので「画廊」というところに入るのは多分初めてだったけど、諏訪さんの本物の絵を見られるならばと思い、緊張しながら扉を開けて進むと女性が背を向けて座っていた。
成山画廊のwebの案内ではオーナーが5週間海外に行って留守にしてます。といったことが書いてあったのを思い出し、緊張しながら挨拶をして「諏訪敦さんの絵が置いてあると聞いて見に来たのですが、画廊って初めてなんです・・・」的なことを話していたら、壁に掛けてある諏訪さんの絵を教えてくれた。
飾られていた、絵はモノクロの女性の絵でアクリル板に納められていた。想像しているよりも小さな物だったが、劣化しないように、UVカットのアクリル板を使っているなど、色々と教えていただいた。
色々と話していたら、昨年開催された諏訪さんのDMはがきをいただいたり、また近いうちに展覧会をやるとのことだったので、他の作品の実物も見てみたい。
成山画廊

 今回の直接のきっかけは、8月の暑い夏休みの日に池袋のジュンク堂の1階の雑誌売り場をうろうろしていたときに見かけて思わず手に取った芸術新潮2014/8号「女と男のヌード特集」。
表紙に何か引き寄せられる物があり手に取ってみたら「どうせなにもみえない」の諏訪敦さんだった。
 芸術新潮2014/8号はAmazonは中古しか扱いがないが、表紙を飾っている絵は諏訪敦さんの公式サイトTOPに掲載されている。(2014/10/28現在)
 この表紙になっている絵不思議な魅力がある。お腹にいる赤ちゃんがそのまま大きくなったようなポーズ。
 言葉に書くと当たり前だけど、以上に白い肌、肉付きのよい胸、流れる長い髪。絵でないと表現できない不思議な美しさなのだと思う。
 表紙の絵は写真に撮った物なのかスキャンした物なのかよくわからないが、水濡れ跡のようなものは最初雑誌の表紙が汚れているのかと思ったほどきれいに写っている。

 2~3年前にどこかで「どうせなにもみえない」の表紙を見て、骨と女性のヌードという組み合わせが自分の中でなにか「すごい!」と思わせる感覚があり画集を図書館で借りてきて見たりしていた。

今回の芸術新潮の記事を読んでみたら写実画という分野らしく、図書館で「写実画のすごい世界」という本を借りてきた。

芸術新潮の特集でも書いてあったが島村信之さんという人の絵もすごく魅力を感じる。

「芸術の秋」というわけではないが、普段芸術とは全く縁のない人間が画廊に行って本物を見てみたいと思うくらいなので、波長が合う人にはすごく合うと思う。

テト屋6赤坂へ行ってきた

[`evernote` not found]

何年も前に「テトぐるみ」というテトラポットの形をしたぬいぐるみがネットで話題になっているのを覚えていて、ついに実物を見ることができた。
個人宅の一部を今回に限って展示&販売スペースにしていたそうで、畳の部屋にたくさんのテトぐるみと大きなテトぐるみなどテトラポッドがわんさか、なかなか見ることのできない光景を見ることができた。

テト屋6 赤坂

テト屋6赤坂

つい、テトぐるみミニを買ってしまった。
テトぐるみ

IIJmioミーティング#5へ行ってきた

[`evernote` not found]

IIJmioミーティングに行ってきた。
海外から日本への旅行者向けのプリペイドSIMのパッケージサンプルが置いてあって、日本らしさが伝わるようなパッケージにしたいという想いから、
パッケージの厚紙は立てて屏風のように、約款の紙は折り紙で鶴が折れるように、鶴の折り方の説明が添えられているとのこと。
デザインをしたIIJのマーケティングの人がすごいこだわりを持っていた。
IIJmioミーティング5

5回目のミーティングの資料はこちら

内容は
・初心者向けセッション. みおふぉん教室: 電話代節約術
初心者向けにわかりやすく、低価格通話サービス(楽天でんわ、LaLaCall、Line無料通話)の違いを音声品質の実演を交えて。
正直なところ会場の電波環境が良かったため明確な差はわからなかった。
特に電波状況が悪いなどといった場合は差が出るらしい
●楽天でんわ(フュージョンコミュニケーション)は発信時に特番を付ける回線交換方式。
●LaLaCallは050番号が割り当てられるパケット交換。
●Line無料通話はパケット交換だけれども、電話番号でなくLineIDの交換で識別。
技術的にはパケット交換は遅延が発生しやすく、回線交換は遅延がない(通常の電話回線)ため、品質に違いが出る。

・IIJmioをご利用いただいている人はどんな人?
マーケティングの面から見たIIJmio。
IIJmioを使っている人は30~40代で自宅・会社にインターネットをバリバリ利用していて、情報発信も活発な人という想定。業界用語で「ペルソナを作る」というらしい
今後はネットをバリバリ使うわけではない主婦や会社員・大学生といった層にも広げたいとの話。海外旅行者向けSIMのパッケージの話はここでもあった。
・MVNOとGPSについて
スマートフォンの位置情報取得とGPSについてとても細かい話があった。A-GPS(Assist GPS)というGPSの補助をする仕組み、インターネット経由の位置情報取得について色々と細かな情報が・・・。
IIJらしいマニアックな技術な話だったが、会場からもコアな質問が飛び出て、俺にはわからない話だったので、空中戦のようだった。

【10/27 21:40追記】
5回目を迎えたIIJミーティング。毎回定員オーバーになるほどの人気。運良く2回目から参加させてもらっているけれども、「IIJmioを購入検討しているけどちょっと不安」という参加者も結構居るようで、参加者(広報の努力?)の裾野が広がっているという実感を持つ。
バリバリ技術的なIIJらしいテクニカルな発表だけでなく、初心者向けにわかりやすいセッションやマーケティングの話など企業イベントとしても興味深い発展をしている。
 運営しているスタッフの方はものすごい苦労をされていると思う。

昨日IIJのwebページを見たら、11/26(水)~11/28(金)にIIJ Technical WEEKというイベントでIIJmioミーティングの濃い版をやるらしい。

ミーティング資料のページに他の方のblogレポートと一緒にこの記事も拾っていただきました。ありがとうございます。
せっかくなのでミーティングの感想とレイアウトを整えました。