未分類」カテゴリーアーカイブ

1964年11月「群馬バスいよいよワンマン化」

[`evernote` not found]

1964年(昭和39年)11月23日(月)上毛新聞 7面

群馬バスいよいよワンマン化

ワンマン・バスは、かつて若い女性あこがれの職業だった車掌さんが最近はそっぽをむかれて
車掌さん不足が深刻なほか、バス会社の宿命で新車補充の設備投資がかさむ反面、ダイヤ増発や、
路線延長など利用者の希望にもこたえたい-という経営上のいくつもの欠陥をカバーする”切り札”。
同社では試験的に走らせた、前橋市内循環が好成績なので、いよいよ本格的なワンマン化に乗り出し
たものだが、(昭和)四三年までには市街地から平たん地の路線をすべてワンマン・バスを走らせる計画だ。

ワンマン化の一番の理由にされている車掌不足は、他産業と同じ中・高卒者の人手不足によるが、2、3年前
までは求人広告にどっと押し寄せた応募者が、西院は四十、五十人求めても、五、六人程度。

女の車掌さんは、大抵三-四年勤務しておヨメ入りを理由に退職するそうで、同社では給与、勤務時間などを
他社より好条件にして、穴埋めにやっきだが、朝が早かったり遅い夜勤というのが、若い人達に好かれないらしい。
このため代替要員や臨時増発などには観光バスのガイド嬢をかり出す始末だという。それ以上に、
今の小学五、六年生の女の子の数が全国で平年の九十万人の半分しかいないといわれ、
三年後に、バス会社が”戦力”に見込んでも求人難が想像以上とみられるわけ。

同社ではこの将来の見とおしから三カ年計画で、車掌のいらないバス化に手をつけたという。
当然、人件費がいく分縮小でき、この分で新車両を増やしたり、増発して結局は客サービスを向上できるというのが、またワンマン化の理由でもあり効果でもある。

(8路線記載)

現在のワンマン・バスは十円均一の短区間だが、こんどの八路線は十円から四十円までの他区間運行が特色。

2017年ありがとう

[`evernote` not found]

今日は一日歩き回っていた。

今年はビデオカメラを買ったので、年末から年始になる雰囲気の違いを撮って残しておきたいと思って

新宿→原宿→明治神宮→代々木公園→NHKホール→渋谷の火災現場→新宿

とビデオカメラを持ち歩いて大みそかの都内を撮ってきた。

今年は時間が無くて?コミケは行けなかった。

12/30に凸凹ズさんの写真を撮らせてもらいました。
加工した写真をホームページにも使ってもらっています。

2017年ブログに書き残したことがたくさんあるのですが、
歩き回って眠くなってしまったので、そろそろおやすみなさい。

今年もそろそろ終わりですね #東京タワー

さえきさん(@saekidog)がシェアした投稿 –

始めて「情報処理技術者試験 」の「情報セキュリティマネジメント試験」に合格した

[`evernote` not found]

高校~大学にかけて「初級シスアド」を3回くらい、
大学卒業前に1度だけ「基本情報」を受けて、ずっと不合格を出してきたけど、
始めて「情報処理技術者試験」に合格した。

「国家試験」って本文に書いてあるのね。

 6月くらいに会社のセキュリティ部署の人から「1ヶ月あれば取れるよ」と言われて、8月の最終日にネットから出願。
9月中旬頃に翔泳社の「情報処理教科書 出るとこだけ! 情報セキュリティマネジメント2017」を買って1日1時間勉強した。

「情報セキュリティマネジメント試験」29年春試験は合格者11,324人、合格率66.4%。
29年秋試験の合格者8,590人合格率50.4%と徐々に難しくなっていったところで、ギリギリ合格させてもらった感じ。
[IPA 平成29年推移表]

過去問は結構解けるようになっていたので、試験当日、午前はなんとかなったけれども、午後問題は過去問では見たことの無いパターンの
出題で、「今回は急激に難しくなった!」と思って、「今回は落ちた、せっかく頑張ったのになぁー、春試験受けるのかな~」と雨の中落胆して帰った。

 結構ショックだったので、自己採点する気力もなく、試験から数日たってIPAのページに回答が載っているのを見て
ドキドキしながら採点してみたら午前、午後共に8割くらい正答だった。

結果なんとか合格。

<昼 食>
お昼に菓子パンとおにぎりとコーヒーとリポビタンDを飲んだら眠くなってしまった。
試験対策ページに書いてある通り、お昼はチョコレートくらいにしておいた方が頭はスッキリして良いかもしれない。

翔泳社のテキストは会社の人から勧めてもらっていた。
オープンソースカンファレンスで翔泳社の書籍を売っていた人が「ウチのテキストの出来は良いんですよ」って言っていたのはハズレではないかも。

<テキスト以外の情報>
テキストがわかりやすかったということもあるけど、
仕事でツールを使ってサーバのセキュリティ検査(ペネトレーションテスト)をやっていたこと、部署のセキュリティ監査の担当になったことはプラスに働いたかもしれない。

以前からsecconに興味を持っていて、偶然試験の前の週に「Seccon beginners」に当選して、手を動かしての勉強も出来たのもよかったのかもしれない。