『八月の終わりは、きっと世界の終わりに似ている。』 天沢夏月

[`evernote` not found]

9月の初旬に本屋の平積みをながめていたら気になるタイトルの本があった。
「八月の終わりは、きっと世界の終わりに似ている。」
このなんだか悲しみの漂うタイトルに引かれて読みたくなってしまった。
「世界の終わりって?」 滅亡系SFなのかと思ったら、甘々なシーンもある読みやすい本でした。

本を開いた目次の次に
「八月末の空。
週末を彷彿とさせる空。
もし世界が、
こんな風に穏やかに終わるのなら、
それでもいいと思った。」

色々なところに出てくる夏の描写が良い。

「これは通称”偽ラムネ”夏の味がする」
「線香に一本火を付けてあおいで消し香炉に立てる。独特の香りはどことなく夏の気配がする。」

「八月の終わりに切ない気持ちになるのは、同時に色々なものが終わるからなのだろうとふと思った。
夏休みが終わる。甲子園が終わる。蝉の鳴き声が途絶え、入道雲が消える。向日葵が枯れる。子供は田舎から都会へ帰り、魂は現世から彼岸へ帰って行く。

何か区切りがつくということは、何かが終わるということだ。
だから八月の終わりは、きっと世界の終わりに似ている。」

主人公と成吾(せいご)、先輩の透子(とうこ)の掛け合いや透子の台詞が面白かったりする。

透子「サイダーとの違いって、なんなんだろう」
成吾「中身は一緒だって言いますよね。入れ物の違いだって」
透子「えー、絶対そんなこと無いよ。ラムネの元とか使っていると思う」
成吾「砂糖と、荒涼と、炭酸ガスでしょ」
透子「夢がない! ラムネはラムネの素なの!」

いや、これはヒロインがかわいい小説だ。

最後まで読むと最近実写化された有名小説とも似ているように感じるかもしれないけど、意外なSF要素が入っていてスラスラと読めて面白かったです。

----
「国立感染症研究所」というキーワードでこのページを見に来て下さる方が多いのでご案内。

2017年の国立感染症研究所の一般公開は2017/9/30(土)10:00~17:00だそうです。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/open-campus/openhouse/open-campus-toyama.html

----
今週の面白そうな本はチェックしてきたのですが記事化に時間がかかるので後日。
最近、新宿の紀伊国屋書店に行くことが多いので、神保町成分が不足している。

文化庁メディア芸術祭の作品展に行ってきたので、メディア芸術祭の話も書きたいけど、また今度。
メディア芸術祭は初台(新宿)のオペラシティで17/9/28までやってます。→会場案内

VR体験できるコーナーもあって体験したかったけど、行列ができていた。

9/8・9/10に見かけた本

[`evernote` not found]

本屋に行くと表紙を見ているだけで楽しい。
あと、長いタイトルは色々と想像がふくらむ。

アリクイのいんぼう 家守とミルクセーキと三文じゃない判

表紙がかわいいアリクイ
「有久井印房はオーダーメイドのハンコ屋さんです。でもそれだけだと経営が成り立たないので、甘いものでお客さんを釣ってるんですよ」
試し読み→http://mwbunko.com/books/978-4-04-893333-9/

天の川銀河発電所 Born after 1968 現代俳句ガイドブック

本のタイトルがカッコイイ「天の川銀河発電所」ですよ。
現代俳句は難しい。
出版社の紹介→http://sayusha.com/catalog/pisbn9784865281804

声をかける

帯の「ナンパは自傷。」が気になる。心理学の本のところに置いてあった。

あなたは、なぜ、つながれないのか: ラポールと身体知


これも心理学の棚に置いてあった。

詩葉さんは別ノ詩を詠みはじめる

表紙がpixivに掲載されていた。

詩葉さんは別ノ詩を詠みはじめる by サイトー on pixiv

あるかしら書店

17/9/8 のNHK第一放送のすっぴん 「源ちゃんのゲンダイ国語」で紹介されているのを聞いていたら面白かった。
書店で立ち読みしても面白い。

わたしの主人公はわたし 他人の声に振りまわされない生き方

細川 貂々さんの新刊

出版社が「平凡社」という面白い会社名
平凡社の紹介→http://www.heibonsha.co.jp/book/b298038.html

くらべる値段

高級なものと安価な物を写真で比べていた。
コーヒー豆、おろし金、パン、盆栽。

お迎えに上がりました。 国土交通省国土政策局幽冥推進課

表紙が面白そう。

京都伏見のあやかし甘味帖 おねだり狐との町屋暮らし

「小説家になろう」に掲載されていたのかな
作者さんのなろうページ→http://mypage.syosetu.com/359148/
京都のお菓子が出てくるそうです。

明日から本気出す人たち

試し読み→http://mwbunko.com/books/978-4-04-893291-2/
”さっぱり売れない地下アイドル、残業ばかりの契約社員、引きこもりの大学生、借金を恋人に隠す中間管理職――”

桜のような僕の恋人

書店のカバーに書かれていたキャッチコピー「君と過ごしたあの夏の日を、僕は今でも思い出す。」がタイトルかと思った。

君に恋をするなんて、ありえないはずだった

浅草鬼嫁日記 二 あやかし夫婦は青春を謳歌する。

試し読み→http://www.kadokawa.co.jp/product/321612000460/

六道先生の原稿は順調に遅れています

試し読み→http://www.kadokawa.co.jp/product/321703000969/

クマのあたりまえ

万国菓子舗 お気に召すまま ~お菓子、なんでも承ります。~

「小説家になろう」での『第3回お仕事小説コン』にてグランプリ

表紙のフォントについてこちらに紹介があります。

ラノベ作家になりたくて震える。

試し読み→http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-893337-7/

新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙

試し読み→http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-892356-9/

狼と香辛料」の続編すでに3巻まで出てる!
今年で10周年
----
ベリーズ文庫」はタイトル分析すると面白そう
----
最近AIの本がたくさん平積みされていて、たまたま見た本に書いてあったサービス。
PaintsChainer -線画自動着色サービス
https://paintschainer.preferred.tech/index_ja.html

8/27面白そうな本

[`evernote` not found]

婚活妄想焼肉

試し読み→https://comic.pixiv.net/works/3331

性欲の強すぎる彼女に困ってます。

ためし読み→http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF06000045010000_68/

平浦ファミリズム

ためし読み→https://www.shogakukan.co.jp/books/09451689

弱キャラ友崎くん Lv.1

試し読み→https://www.shogakukan.co.jp/books/09451610

恋する寄生虫

ためし読み→http://mwbunko.com/978-4-04-892411-5/

なにかのご縁―ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る

公式あらすじ→http://mwbunko.com/978-4-04-891620-2/

風味さんのカメラ日和

公式立ち読み→http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167907907

天使は奇跡を希う

文庫版が出た

アルゴリズム図鑑 絵で見てわかる26のアルゴリズム

立ち読み→http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798149776

夜にとろける 1

君にしか教えない

志摩時緒さんが気になった。公式→http://shima.hacca.jp/