月別アーカイブ: 2016年10月

三鷹・星と宇宙の日2016(国立天文台三鷹キャンパス一般公開)に行ってきた

[`evernote` not found]

今年も国立天文台三鷹キャンパスの一般公開に行ってきた。
残念ながら今年は曇り。三鷹キャンパスの一般公開の日は曇りのことが多い気がする。大変な年は台風が来る前みたいな年もあった気が。

 先日読んだ市川拓司さんの本に国立天文台とは書いていないけど「天文台」が登場していて、神代植物園が登場する小説があった。

昭和4年に建てられた 望遠鏡 カールツァイス社製
16102301
 毎回見るたびに大きさに圧倒される。レトロでどこかインテリアっぽい感じを受ける望遠鏡。

扇風機で冷やす 天文台のコンピュータ
16102302

5年以上前にはNECと富士通の「スーパーコンピュータ」が置いてあるのを見かけたけれども、説明をしてくれた人に聞いたら、2011年の地震後のリプレース(5年のリース契約らしい)で電源問題などもあり、三鷹からはスパコンは無くなって、岩手県の水沢キャンパスにスパコンが設置されて、一部SINETでつながっているらしい。

 三鷹にあるのはIntelの分散型でCentOSが走っているとのこと。ストレージは別の部屋にあるらしい。

intelのCPUらしい
16102303

横川HPの関数電卓
16102304
手回し計算機(タイガー計算機)
16102305

ひのでを作ったクリーンルーム
16102306
天文台の中で使う部品を製作するマシンルーム
16102307

液体窒素で冷やした超伝導体の実験

星型ポテト付きのハヤシライス 美味しかった
16102308

一般公開の時に公開される「アインシュタイン塔」の光を取り入れる部分
16102309

今年から太陽塔望遠鏡特別公開ということで、2016/11/3・5・6に公開されるらしい。

こんな仕組み↓
16102310
上から覗くとこんな感じ
16102312
途中で下を見ると
16102313
地下で受光するのはニコンの鏡
16102314
「東京大学 通信」のマンホールのフタ
16102311

重力波観測装置は2016年からは整理券が無いと見学できないようになっていた。

今年も午後から行ってゆっくり見学。1日回っていても時間が足りないくらいかも。

「天使は奇跡を希う(こいねがう)」

[`evernote` not found]

Amazonで表紙しか見てないけど面白そう。

大辞林 第三版の解説

乞い願う・希う・冀う・庶幾う こいねがう
強くねがい望む。切望する。

同じタイトルでも

商業出版の↓の表紙と

web連載時の↓の表紙ではかなり印象が変わる。

16100801