月別アーカイブ: 2014年11月

天狼院書店の『膝上29センチ以下の彼女』を見てきた

[`evernote` not found]

Facebookの知人のインプロのイベントページに告知があったので、「うーん」と悩んで思い切って申し込んで行ってみた。
「演劇を見るだけなのだから、そこまで大したことではないでしょう」と思うけど、仕事帰り終演が22:00って翌日響くので腰が重くなるのです。この記事書いていたら0時すぎてるし・・・今も睡眠時間が・・・

チラシの写真とタイトルに引かれたというのも結構大きい理由。

劇団天狼院旗揚げ公演『膝上29センチ以下の彼女』
1411134

ねとらぼ ・こたつで本が読める本屋さん――書店の枠を飛び越えた天狼院書店に行ってきた

本屋さん企画の演劇。演者は天狼院書店と縁のある一般のお客さんが演じる。最初webで読んだときに「え~っ?」って思ったけどちゃんと演じられるからすごい。腹の据わった客という感じがする。
(インプロでは日常茶飯事のことなのでしょうか?)
舞台の上の天狼院書店で「悩みを解決する処方本を言い渡す」というストーリー

本屋さんが企画しているので本屋を舞台にした話。そして、本の紹介もあって、「ビブリオ古書堂」流行っていたなというのを思い出す。

実際の池袋の「天狼院書店」から本棚や本を持ってきて、舞台を作ったそうで、書棚やこたつの無くなったお店はガランと空いているそうです。
↓天狼院書店にはこんな感じのこたつが置いてあるらしい。
1411135

舞台が終わった後には、お客さんが舞台上に作られた「天狼院書店」に上がって、芝居の中で出てきた本を手にとって見たり、買ったりできる。ついさっきまで見ていた舞台に上がれるというのが新鮮。
1411133

READING LIFE
という天狼院書店の雑誌も購入できる。面白そう。
あおりのキャッチコピーがすごい。

「出版業界は終わった」そう思っている人達よ。ならばあなたがたは、なぜ本屋に足を運ぶのか。なぜ本からうまれる人とのつながりを求めるのか。その答えはすべてのこのなかにある。
出版業界の革命児 雑誌 READING LIFE 発売中!!

受付の方も聞いたら天狼院書店のスタッフの方でした。
1411132

演劇を見て実際の天狼院書店に行ってみたいと思うようになったので、まんまとPR作戦にはまった。

獅渡鳥企画 ANTHRPOIDES VIRGO vol.7を撮ってきた

[`evernote` not found]

1411111アコーディオン弾きのほりかわけいこさん→四八珈琲さん→いしわたりようこさんと、色々なご縁があって、六本木の夜のライブパフォーマンス撮影をさせていただくことができた。

獅渡鳥(ししわたりどり)企画 ANTHRPOIDES VIRGO vol.7

「Anthropoides virgo」は姉羽鶴の学名で、高々度、5000から8000メートルもの高さを飛ぶ鳥として知られており、ヒマラヤ山脈も越える渡りをする。

という事らしい。

・出演者
戎屋聖一郎 /guitar
keiko /poledancer
佐藤麻美 /朗読
陽風琴葉 /dancer
pongo / DJ
BOMBER /beatboxer
yamadori /poledancer
Watari /唄

[Special performance]
鷹島姫乃 /花
堀川けいこ /アコーディオン

戎屋(えびすや)さんのギターを横にして弾くスタイルが面白い。
また、音がきれいなわけで、ツイキャスもしたけれども、会場が地下だったので、電波状態が悪くて途切れ途切れになってしまった。→当日のツイキャス 4:17

Youtubeにビデオがアップされていたので、Youtubeのビデオを見ると音がきれい。

1411114

四八珈琲に続いてダンスはすごいなぁ~
twitterにも感想がUPされていたけれども、↓筋肉はんぱないっす。

1411113

 

1411115

ふわっと回っている感じを出すの難しい
1411112

写真はすべてEOS 5D Mark2+EF24-105 F4 L IS

今まで撮った写真を振り返ってみた

[`evernote` not found]

0805023 honu

 ・Photo Works 2006~2010
・Photo Works 2011~2014

自分が今までにどんな写真を撮ってきたのか見直してみたら、結構豪華で驚いた。
2006年に舞台撮影とかやっていたんだ!
知人から紹介してもらい舞台のゲネプロ(最終リハーサル)を撮らせてもらうことができた。
当時CanonのEOS30Dという中級機に100~400mmの白くてお高いレンズを借りてきて撮った。

今は当時より良いカメラを使っているつもりだけれども、このクオリティ出せる自信がない。
20代だったし情熱がカバーしてくれたんだと思う。

当時「tokyo.sora」という映画を見ていたと思うので、石川寛さんや、川内倫子さんの影響を受けていたのではないかと思う。

先日、アコーディオン奏者・大道芸人の堀川さんのイベントのチラシに写真を使ってもらったので、チラシに使ってもらった写真もUPした。
色々撮りすぎていて、今もテーマが無い。
ソラリーマン、スクールガールコンプレックスの青山裕企さんみたいに記号的な制服女子撮ってみたい。